1. ホーム
  2. 歴史

会社の歴史

大正12年

大正12年

故行田常次により、大阪市北区に行田電線製造所創業。 ラジオ用綿編組絶縁電線の製造販売を始める。

昭和6年

昭和 6年

重電機器用特殊銅撚線の国産化に成功。可撓銅編組線(平リード線)、可撓銅撚線(丸リード線)の製造販売を始める。

昭和7年

7年

逓信省の指定工場となり、各種通信電線の製造販売を始める。
昭和24年

24年

資本金100万円で行田電線株式会社を設立する。ビニル絶縁電線の生産を開始する。

昭和27年

27年

ビニル・コンパウンドの生産を開始し、本格的なビニル絶縁電線の一貫生産体制を完成する。

昭和28年

28年

熔銅圧延設備を新設し、熔銅から完全一貫生産体制を完成する。

昭和30年

30年

一体型プラグ付電源コードの製造販売を始める。

昭和32年

32年

中国電気工事(株)[現:(株)中電工]の技術陣と共同で、600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル(VVFケーブル)の 初の国産化に成功し、本格的製造販売を始める。ゴムコード・ビニルコードの国内初の日本工業規格表示許可工場となる。

昭和36年

36年

資本金3,000万円に増資し、ワイヤーハーネスの製造販売を始める。
昭和43年

43年

滋賀県神崎郡(現:東近江市)に電力ケーブル専用工場として滋賀工場を新設する。

昭和51年

51年

滋賀県大津市に配線器具専門工場としてユキタ製作所(現:堅田工場)を新設する。
昭和43年

53年

滋賀県草津市に草津工場を新設、主力工場とする。本社を大阪市城東区古市の現在地に移転する。

昭和54年

54年

東京営業所[現:東京支店]を開設する。

昭和62年

62年

海外事業部を設置し、海外への展開を強化する。

平成元年

平成元年

トキワ電気(株)行田グループに参画。
平成4年

4年

中国上海市に独資企業上海行田電産有限公司を設立する。
平成9年

9年

中国安徽省除州市に独資企業滁州行田電産有限公司を設立する。
香港行田有限公司(現:Y&T香港有限公司)を設立する。

平成10年

10年

資本金5,875万円に増資。

平成12年

12年

TOKIWA DENKI SINGAPORE PTE.,LTD.を設立する。
ISO14001取得。

平成14年

14年

上海外高橋にY&T上海有限公司を設立する。

平成16年

16年

EMS(受託生産サービス)事業を開始する。

平成17年

17年

関連会社の有進産業(株)を吸収合併する。
平成18年

18年

中国江西省上犹県に独資企業江西行田電産有限公司を設立する。

平成21年

21年

関連会社の行田サンテック(株)を吸収合併する。

平成22年

22年

上海行田電産有限公司を新工場に移転する。
滁州行田電産有限公司に全椒工場を新設する。

平成25年

25年

タイにYUKITA ASIA(THAILAND)CO.,LTD.を設立する。
創立90周年を迎える。

平成26年

26年

江西行田電産有限公司に第2工場を新設する。

平成28年

28年

トキワ電気(株)と統合。資本金4億1,000万円に増資。

平成29年

29年

行田貞生(代表取締役社長)が、企業経営者としての優れた功績と
長年の業界発展への貢献に対し、「旭日小綬章」を綬章
上海行田電算有限公司が閔行区紀鶴路に移転。東京支店が西新宿7丁目TSビル4Fに移転。
資本金4億6,000万円に増資。