行田電線株式会社

人を知る

SUCCESS No.2
ファブレス事業本部
営業職(2017年入社)

お客様、取引先各社への誠実な対応が認められ、直属上司から近い将来、営業部のリーダーとして活躍を期待されている。

あこがれの先輩の背中を追いかける日々。早く一人前の「営業」になりたい。

行田電線を初めて知ったときは、「電線」と言うだけあって、文系の自分にできることはないのかも、と思っていました。しかし、採用担当者の方も文系であることや同じように理系の勉強をしてこなかった方々が多いと聞き、チャレンジしてみたいと思うようになっていったのです。面接が進むにつれ、所属予定部署の上司ともお会いできる機会があり、どんな質問にも丁寧に答えてくださいました。この人と一緒に働きたいと思ったことが、最終的に入社を決めた理由です。

面接で感じたその思いは、入社後もギャップは無く、どんな質問も嫌な顔一つせず教えてくださる先輩方ばかりです。
そんな先輩方から、逆に頼りにされるような存在になれるよう、日々奮闘中です。

オンとオフ

ON

所属しているトキワビジネス社ファブレス事業部は、電子部品や電子製品をOEM・EMS生産し、電気・電子部品メーカー工場向けに国内、海外に納入する事業を展開しています。私の仕事は、海外ベンダーとメーカーなどの販売会社の取引をサポートすること。日本語が通じるので、言葉の壁は無いと聞いていたのですが、実際対応を任せられてみると、思うように伝わらず、納期が遅れそうになるハプニングもありました。先輩から、相手の立場に立つことが重要というアドバイスをいただいたので、自分が思う以上に丁寧に話してみたところ、取引がスムーズに進むようになったのです。

ある会社との取引担当を任されているものの、まだまだ先輩に頼りがちなことと、こちらから積極的な提案ができていないことが課題です。先輩方はもちろん、会社全体で若手をサポートしてくれる社風がありますので、その力を借りながら、ひとつひとつ課題をクリアし、早く一人前の営業になりたいです。

OFF

会社の「フットサル部」に所属しています。
スポーツ補助金制度があり、コート代やユニフォーム代を負担してもらえるので、大阪本社だけでなく、草津工場、滋賀工場の方々も所属されています。ときには事業所対抗戦が行われることもあり、初めて参加したときはみんなの白熱っぷりに驚きました。仕事中はあまり関わることのない部署の方々との良いコミュニケーションの場にもなっています。

一日の流れ

AM8:30始業

1日の始まりは挨拶から!

「自分から、大きな声で、元気に」を
心がけています。

OFF

メールチェック・書類作成

メールのチェックをしながら
予定している商談について先輩に相談します。

PM0:00

社員食堂をよく利用します。

毎週金曜日のカレーが一番のお気に入り。
予定によっては、外出先で食べることもあります。

PM3:00

商談へ(車移動)

海外ベンダーからの試作品を持って依頼企業へ。
分かりやすく丁寧に話すよう気をつけています。

PM5:15終業

商談内容を先輩に報告。

その日の終わりに報告、連絡、相談。
その後、復習と明日の予定確認をしたら終業です。

メッセージ

自分はこうなりたい、こんなことに挑戦したい、という思いは、面接でもどんどんアピールしてください。行田電線は、若手だからとないがしろにしたりせず、若手の立場をしっかり作ってくれる会社です。夢や目標を実現するため、先輩だけでなく、会社全体でサポートしてくれます。
目標達成までの過程もしっかりみていてくれるので、就職活動中も、入社後も、自分の意思をもって取り組んでみてください。

他の社員を見る